うみがめの株式調査部

日本の優良株、有望中小型株、投資成績を紹介します

シノプス(4428)ウオッチ開始

こんにちは株好きのアラサーうみがめです。

 

流通パッケージソフト開発・販売会社のシノプス(4428)をウォッチリストに入れたいと思います。投資をするかどうかは今後決めます。

シノプスの会社概要

旧名リンク。

主要事業は需要予測型自動発注・在庫最適化ソフト「sinopsシリーズ」の開発・販売・保守。小売業・卸売業・製造業の流通三層に特化している。

具体的には棚あたり売上/利益の極大化、需要予測による発注点自動更新、AIによる最適化のITソリューション & PDCAサイクルを提供、デマンド起点でチェーン・マネジメント最適化を提案。

サービス形態は①販売:「sinopsシリーズ」を一括販売型提供のパッケージ販売、レンタル販売、②導入支援サービス:システム構築・運用構築を支援する導入支援サービス、③メンテ・サポート:日常運用支援・サポートの3つ。

2017年AI搭載型自動発注ソリューション「sinops-R6」販売開始。AI関連でもある。

棚卸業務トップのエイジスと業務提携(「sinops-BPO」を提供開始)。2020年eBASE<3835>と業務提携(小売業の食品ロス削減・業務効率)。

主要取引先は日本アクセス、京急ストア、ダイエー、ワークマン。

 

キャッシュフロー

業態として継続的フリーキャッシュフローが創出される印象。

f:id:broandsis:20200224051716p:plain

 

バランスシート

有利子負債少ない。他に特筆すべき項目がなく、バランスシートは強靭。

f:id:broandsis:20200224051820p:plain

 

業績動向

20年は売上31%増収、営業利益11%増加の予想。消費増税前特需の反動減があるものなのか、既に影響は前期で終わっているのか、気になる。

 

f:id:broandsis:20200224052300p:plain

 

四半期は成長軌道。

 

f:id:broandsis:20200224052137p:plain

 

シノプスもそうですが、機械学習・AI・ビッグデータはますます社会で重要になります。投資家で読んでいない人はあまりいないかもしれないが、AIについてキャッチアップする第一歩は下記がおすすめ。

 

 

・ツイッターで更新をお伝えするのでフォロー是非お願いします。Follow @kogatajp

 

・またベトナム株の調査もしているので、そちらも是非見てください(うみがめのベトナム株調査部)

 

*内容は随時更新する予定です