うみがめの株式調査部

日本の優良株、有望中小型株、投資成績を紹介します

ソフトバンクG及び孫さんの問題点

今回の孫さんの説明は正直ネガティブな印象でした。正直、投資初心者しか意識していないような内容でした。

 

そういう人を魅了できればバブルができるので機関投資家はそれも含めて冷静に判断すると思いますが…あと指数ウエイトが大きいので無視できないですし、上がると乗るしかないというところもあります。だから調子に乗ってるところもあるんでしょう。

 

また、個人的にはソフトバンクGの将来業績はポジティブに見ており、株価や業績の長期展望は心配していないですが、それでもやはり心配になる孫さんのプレゼンでした。

 

プレゼンで気になった点というか、個人的に考えるソフトバンクGの問題点を以下です。

 

財布の中身をいつ株主のために使うか不明

 

「ソフトバンクは25兆円の価値がある財布だが、市場価格は12兆円であるから割安」

 

というのが孫さんがよく話されるロジックです。それはそうですが、まずこの財布は半分程度がアリババ株で構成されており、価値変動が激しい財布です。仮にアリババ株は大丈夫と思うなら、ソフトバンク株でなく、アリババ株に投資する方が理にかなっています。実際に過去数年はその方がリターンが良かったです。

 

またこの財布は孫さんがやりたいことに使われる財布で、株主のためにある財布とは言いにくいです。少なくともその仕組みは見えません。

 

いつか物凄い還元をするかもしれませんが、いつかわからないものを待つのは投資としてどうでしょうか。景気変動は永遠のリスクです。

 

投資の成果があがったら自社株買いや特別配当につながる仕組みを作るなど、この点の確度や信頼性をあげる必要があると思います。経済変動はあるものなので一定の利確は必要です。

 

ディスカウントがあるというのは現状の事実を説明しているだけで投資する理由ではない

 

ソフトバンクの株価が孫さんの定義する株主価値からギャップがあるのは中学生でもわかります。ましてや、あの様にHPでも丁寧に説明しているので、マーケットには織り込まれています。

 

それでもディスカウントが残ってるのは理由があるわけでよね。(私は先述の内容が一つと思います)

 

その理由に向き合わずに、説明会でディスカウントがある!とそればかりを強調するのは投資会社の経営者の姿勢として疑問です。投資の素人を嵌め込もうという気さえします。

 

まあ孫さんは全てわかってあえてやってるということかもしれないですが。狼狽売りをしてしまう人に話してるのかもしれません。

 

ただ株式市場を疎かにしすぎてる風に見えてしまう点は心配です。

 

ちなみに主力株ではないですが私はソフトバンクGのホルダーで、ソフトバンクG及び孫さんは尊敬していますし、応援しています!それを前提に少し心配になったというお話でした。