うみがめの株で長期資産形成のすすめ

アラサー元証券マン。株で若いうちから資産形成

過去の半導体バブルをふりかえる

半導体株は前例のないバブルに突入するのかもしれないけど、

 

心の準備として過去の半導体バブルを振りかえるのは大事。

 

直近だと2018年のメモリバブルや半導体製造装置バブル。

 

メモリ価格が高騰、ファウンドリも好調で、設備投資増大。

 

スーパーサイクルと呼ばれ、半導体製造装置も足りなくなり

 

THKのリニアガイドなど半導体部品も枯渇した。

 

そんな過去のバブルの特徴を振り返る

 

・バブルは最終局面に上昇が加速するが、下落も急激

 

・バブルの高値で掴むと長い間回復しない

 

・「業績が良い」、「バリュエーションが安い」は通用しない

 

・株価がダラダラ下げ始めたら取りあえず逃げる

 

とは言いつつ、TSMCがあれだけの設備投資をするのだから

 

半導体関連産業が好景気に向かうのは間違いない。

 

バブルに上手く乗りつつ、頭の片隅で警戒は怠らないでいたい。

 

YOUTUBEに詳細があるので、是非見てみてください!

 

↓↓人々はなぜ熱狂を繰り返すのか。バブルを上手く察知すれば人生変わる(外れたらやばいけど笑)↓↓