うみがめの半導体株ブログ

アラサー元証券マン。半導体株でアーリーリタイア目指す

半導体ETFを徹底比較!

 

今回は半導体ETFを徹底比較していきます!

 

この記事でわかること

 

今回は3つを使って比較していきたいと思います。

 

①SMH:ヴァンエッグ・ベクトルETF

 

②SOXX:iシェアーズ・セミコンダクターETF

 

③SOXL:ディレクション・デイリー・セミコンダクター・ブル

 

株価のパフォーマンス

f:id:broandsis:20210831222003p:plain

SMH,SOXX,SOXLの株価の成長率(年初来)

 

青:ヴァンエッグ・ベクトル(SMH)

黄:iシェアーズ・セミコンダクター(SOXX)

緑:ディレクションデイリー・セミコンダクター・ブル(SOXL)

 

ここでわかるのは、年初来のパフォーマンスは

SMHSOXXは+15%とほとんど同じような動きをしています。

一方、レバレッジETFと呼ばれる種類のSOXLは、

+36%とレバレッジがかかっている分、非常に強いパフォーマンスを

見せてくれています。

 

これを1年にしてみると、、

 

f:id:broandsis:20210831193026p:plain

 結構差が出ますね。

SMH 63%

SOXX 60%

SOXL 216%

 

 

これを5年にしてみると、、

 

f:id:broandsis:20210831193903p:plain

 

SMH 330%

SOXX 352%

SOXL 1,870%

 

レバレッジETFのSOXLが強すぎる。

 

長期的に見ると非常にパフォーマンスが強いということがわかりました。

理由は今の半導体市場に好調だからということが挙げられます。

 

ここで押さえておきたいのは、

レバレッジETF(SOXL)は上がるときは上がるけど、

株価が下がるときは急激に下がるということです。

上図を見てもわかるように、コロナショック後に

約900%→約100%まで一気に下落してしまいました。

レバレッジをかけるということはリスクを伴っているということを

再確認できる事例です。

 

東京エレクトロンとの比較

 さて最初の章ではレバレッジETFの特性がわかりました。

次は残りの2つSMHSOXX VS 個別株での株価の動き比較してみましょう。

今回は日本を代表する半導体株として東京エレクトロンを取り上げます。

 

 

f:id:broandsis:20210831201951p:plain

SMH,SOXX VS 東京エレクトロン 株価の成長率(1年)

東京エレクトロン 56%

SMH 63%

SOXX 60%


過去1年の比較では東京エレクトロンが一番弱いです。

 

これを過去5年にしてみると、、

 

f:id:broandsis:20210831203115p:plain

SNH, SOXX VS 東京エレクトロン株価の成長率(5年)

 

東京エレクトロン 420%

SMH 330%

SOXX 350%

 

となり、東京エレクトロンが逆転していることが分かります。

 

だだこの3つ(東京エレクトロン、SMH、SOXX)は方向性が似ていて、レンジとしても大きな差が無い印象です。

 

なので、東京エレクトロンのように半導体市場に業績が連動するような

企業の株価の推移はETFとそこまで大きな差はないということがわかります。

なのでETFを買っても、東京エレクトロンみたいな優秀な半導体株を買うのと同じ恩恵を受けれるということです。

 

エリート半導体株(ASML、レーザーテック、アドバンテスト)VS 半導体ETF

f:id:broandsis:20210831205713p:plain

エリート半導体 VS ETF(年初来)

 

ASML  38%

SMH 17%

レーザテック 71%

アドバンテスト 22%

 

ETFよりも個別株がアウトパフォームしてます。

特にレーザーテックがすごいです。

それでは過去5年にしてみるとどうでしょう。

 

f:id:broandsis:20210831210305p:plain

エリート半導体 VS ETF  株価成長率(5年)



ASML  580%

SMH 330%

レーザテック 6300%

アドバンテスト 718%

 

レーザーテックの一人勝ちですね。

一方半導体ETF(SMH)は他の個別株に比べると劣っていますね。

これはあくまで結果論ですが、

5年前に確実にレーザーテックがこれだけ伸びると断言できる人は

それほど多くなかったので、

これほど株価が伸びたというのもありますね、、

 

 比較してわかったこと

 上昇局面ではレバレッジETFが圧倒的!

しかしここで注意したいのは逆も然りというところ。

ワーストシナリオは非常に大きな覚悟が必要です。

 

SMH、SOXX、東京エレクトロンはそこまで差がない

東京エレクトロン株を保有している人は、

SMH、SOXXと同じようなパフォーマンスをするので、

新たにこのようなETFは購入しなくてもいいのかもしれません。

逆に個別銘柄ではなく、ETFでも十分なパフォーマンスが

取れるということもわかりました。

 

勝ち組銘柄(レーザーテック、ASML)が圧倒的

勝ち組銘柄はETFに比べるとかなりパフォーマンスが高いですね。

(結果論かもしれませんが、、)

半導体株に投資するなら、こういった株を持っておきたいのが本音ですね。

 

ズバリ、半導体株の勝ち筋はこれ! 

次の調整局面が来たらレバレッジETF(SOXL)を買うべし!

現在、半導体は非常にサイクルの良いところにあるので、

ここからレバレッジETFを買うのは怖いです。

ただし、次の調整局面が来たらレバレッジETF(SOXL)

たくさん買いたいと思います。

 

普段のコアは半導体ETF(SMH)で十分

ネット証券でより買い易いのはSOXXよりSMHなので、

ここではSMHを推します。

 

加えて個別株を持つならレーザーテック、ASML、TSMCなど

競争優位性、成長力のあるこれらのエッジの効いている企業がいいです。

他の半導体株は、半導体ETFを保有をしているのであれば必要ないのかなと思います。

 

私自身は投資が趣味で、個別株も持っているのですが、

個別株のリスクとかを懸念する方は、

今日ご紹介したETFを保有していれば十分代替できると言えます。

 

 

半導体株やベトナム株についてYouTubeにてわかりやすく解説しているので

是非ご覧いただければと思います!

 


www.youtube.com

 

 

 

それでは

これからも株をがんばっていきまっしょい!